ロゴ作成のポイント

ロゴマークを作成するにあたり、企業名とブランド名のどちらを使うのか、漢字、ローマ字なのかというところから決めていきます。名前の部分から企業のイメージが決まってくるので慎重に決めるのが良いでしょう。ロゴマークに使用されているデザイン、色も含めて一つ一つが企業のイメージだと自覚し作成を依頼しましょう

ローマ字ロゴマークの作成のコツとしてはポイントがいくつかあります。まずはシンプルであることです。複雑なデザインですと認識まで時間がかかり、覚えられづらいというデメリットがあります。次にオリジナリティーと覚えやすさです。シンプルであり、オリジナリティーで覚えやすいというのが認知度の高い会社の優秀なロゴマークの条件でしょう

ロゴ作成サービスに依頼する際になるべく実績のある会社の方が良いでしょう。様々な企業のロゴ作成をしてきたということはその分経験があるため、デザインも幅広く選択肢が広まるからです。

ロゴ作成会社を選ぶ際は、事前にホームページなどを確認して、その会社の実績などをチェックしておきましょう。そうすることで、どのようなデザイナーがいて、どのようなロゴを作ってきたのか把握できます。好みのデザイナーがいたら指名することも出来るかもしれません。ロゴは会社のシンボルなのでこだわりを持ち細かいイメージを伝えられるようロゴ作成サービスを依頼して良いロゴを作りましょう。

推奨リンク>>>ロゴ作成のBiz-Up!

ロゴ作成依頼

会社はあるけどロゴがない、起業した、個人事業主になった、チームを作ったという場合にその団体を象徴するマークがロゴマークです。ロゴマークを作成するといってもイメージは何となくあるけどそれをそのままデザインとして起こすのは非常に難しいことです。ロゴは実際インターネットでの無料サービスを使えば簡単に作成することが可能です。デザイナーでもない場合ありきたりになる可能性があるので唯一無二のロゴにはなりづらいです。

パソコンロゴ作成をする場合、ロゴマーク作成専門サービスに依頼をするという手が有効でしょう。作成してくれるのがプロのデザイナーである場合が多く、オーダーメイドからある程度ベースのデザインを何個か提案しこちらがその中から選べるという選択肢があります。企業のコンセプトやイメージ、ロゴマークのデザインにこだわりがある場合はオーダーメイドをおススメします。依頼した際に企業のイメージやデザインについて細かいところを電話等で話し合うことができるのでなるべく明確に伝えると自分のイメージに近いロゴを作ってくれるでしょう。

ロゴ作成サービスよりも料金は高くなりますが、デザイナーやデザイン会社に直接依頼をするのも有効です。長期的にデザインを維持したい人には向いているでしょう。

→→→ロゴ作成のポイント

ロゴマークとは

名刺会社や団体の顔として印象を与える機会が多いのがロゴマークです。会社のロゴは本当に様々で個性が表れていますが、そもそもロゴとはなんなのか?どういった狙いがあるのかを知っている人はあまりいません。もし自分の会社にもしっかりロゴがあり、自分の名刺をお持ちの人は会社のロゴマークが印刷されている場合もあるでしょう。自分が働いている会社のロゴの意味くらいは知っておくのが良いでしょう。あまりロゴに着眼する人も少ないですが、事実魅力的で個性的なロゴの会社は多数存在し、デザイン面から話題になることもあります。その話題になった際に自社のロゴの意味も添えて話すと話が広がり、良好なコミュニケーションに繋がるでしょう。

コーポレートアイデンティティという言葉があります。グラフィカルなロゴやシンボルマークを使い企業コンセプト、経営理念を明確化させ社内社外の人々に認識をさせるという意味です。その企業のロゴを見た人がその企業に抱くイメージが企業の持たれたいイメージと合致していれば思惑通りとなるでしょう。

事実、ロゴやシンボルマーク一つ一つに意味があるかと言われれば決してそうではありません。ロゴ自体に意味はなく、デザイン性だけでロゴに選んだという会社も多いです。会社のコンセプトや経営理念が固まるまで暫定的にロゴを決めておいて方向性が定まったらしっかり作るという会社も多いでしょう。ロゴは意味を込めて作成した場合メリットが多いので、企業理念がしっかりある場合は作成した方が良いでしょう。当サイトではロゴとロゴ作成について説明します。

→→→ロゴ作成依頼