ロゴマークとは

名刺会社や団体の顔として印象を与える機会が多いのがロゴマークです。会社のロゴは本当に様々で個性が表れていますが、そもそもロゴとはなんなのか?どういった狙いがあるのかを知っている人はあまりいません。もし自分の会社にもしっかりロゴがあり、自分の名刺をお持ちの人は会社のロゴマークが印刷されている場合もあるでしょう。自分が働いている会社のロゴの意味くらいは知っておくのが良いでしょう。あまりロゴに着眼する人も少ないですが、事実魅力的で個性的なロゴの会社は多数存在し、デザイン面から話題になることもあります。その話題になった際に自社のロゴの意味も添えて話すと話が広がり、良好なコミュニケーションに繋がるでしょう。

コーポレートアイデンティティという言葉があります。グラフィカルなロゴやシンボルマークを使い企業コンセプト、経営理念を明確化させ社内社外の人々に認識をさせるという意味です。その企業のロゴを見た人がその企業に抱くイメージが企業の持たれたいイメージと合致していれば思惑通りとなるでしょう。

事実、ロゴやシンボルマーク一つ一つに意味があるかと言われれば決してそうではありません。ロゴ自体に意味はなく、デザイン性だけでロゴに選んだという会社も多いです。会社のコンセプトや経営理念が固まるまで暫定的にロゴを決めておいて方向性が定まったらしっかり作るという会社も多いでしょう。ロゴは意味を込めて作成した場合メリットが多いので、企業理念がしっかりある場合は作成した方が良いでしょう。当サイトではロゴとロゴ作成について説明します。

→→→ロゴ作成依頼